ライフハック

Twitterの感謝企画はやるべき?反省点と学びを大公開!

悩んでるクマさん

Twitterの感謝企画、みんなやってるし自分もフォロワー◯人達成したらやりたいな!

そう考えている人は多いのではないでしょうか?

実際に僕も先輩方がやっていた感謝企画を見て憧れていたので気持ちはとてもわかります。

しかし、深く考えずに企画を開催してしまうと後悔してしまう可能性があるので注意が必要です。

そこで今回は、

  • 企画の概要とその狙い
  • 企画の反響とその効果
  • 企画をやってよかったこと
  • 企画の反省点
  • 感謝企画の開催是非に関する結論

をご紹介していきます。

特に「企画の狙い」や「効果の振り返り」はいやらしい部分なので本当は伏せたいですが、後続の方々の思考の手助けになればと思って公開することにしました。

ろきなほ

生々しい話もするけどどうか引かないでください…泣

さっそくですが結論から言うと、

  1. フォロワーを増やしたいなら、もっと効率的/効果的な方法がある
  2. 「感謝」を伝えたいなら企画にする必要はない
  3. よって感謝企画は不要

と考えました。

これから理由をご説明していきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

少しでも多くの人に届けたい内容なので、記事を読んで参考になると思っていただけたらこの記事の紹介ツイートをRTいただけると嬉しいです。

企画の概要とその狙い

今回実施した企画の概要

今回僕が実施した感謝企画はこちら。

少しビジネスチックに言い換えると、

ろっきー

フォローとRTをしてくれたら、お礼に①記事紹介か②記事添削か③ブログ紹介記事に掲載(被リンク付与)をしてあげますよ!

ということです。

企画の狙い

正直に言います。

企画を実施した一番の狙いは、フォロワー数の増加です。

ぶっちゃけ「感謝」企画と銘打つ企画のほとんどが、本音はこれだと思います。

もちろんフォロワーの方々への感謝や参加者との交流も目的の1つです。

しかしそれだけならわざわざ企画にする必要はないですし、フォローやRTを条件にしないですよね。

  • RTを条件にすることで、フォローしてもらえてない人の目に触れる機会を作る
  • 企画のリターンを口実にフォローしてもらう

これが「感謝」企画の本質です。

「感謝」とはなにかを考えさせられますね。

ろっきー

僕は試しにやってみて違和感を感じたので、今後は同様の企画はやらないと決めました!

企画の反響とその効果

企画の狙いがわかったところで、実際の反響と効果のご説明に移ります。

企画の反響

2/20(日)11:58に企画ツイートを投稿してから2/25(金)23:59の〆切までに、なんと107名にご参加いただきました

多くて50人くらいかなぁと思っていたので、びっくりです。

ろきなほ

ご参加いただき本当にありがとうございます!

ここからは様々な観点から、今回の企画の反響を見ていきます。

企画ツイートの各指標

企画ツイートの各指標はこのような結果でした。

これだけだと多いか少ないか判断しにくいので、直近したこちらの日常ツイートと比較してみます。

彼女のなほちゃんが作ってくれたランチツイートの反響はこちらでした。

単純にPV数だけ比べてみても、通常30倍近く見られていることがわかります。

ろっきー

そう考えるとすごい!
なほちゃんの手料理ももっと見てほしい!(のろけ)

参加時間の内訳

参加時間については面白いデータが取れました。

107名の参加者のうち、なんと約半数が企画ツイートをしてから最初の3時間で参加表明をしています。

結局参加者の約8割が当日中の参加という結果になりました。

ろっきー

Twitterの拡散力のすごさがわかりますね

希望リターン

希望リターンの内訳を見てみると、被リンク企画が圧倒的に人気なことがわかります。

もう少しフォロワー数や権威性が増すと、①②のニーズも高まるのかもしれません。

企画の効果

いよいよ気になる企画の効果です。

企画ツイートをした2/20(日)11:58時点でのフォロワー数は1,062人でした。

そして被リンク企画記事の投稿を終えて、絶賛この記事を執筆している2/26(土)23:38時点でのフォロワー数は1,217人です。

つまり約1週間で+155人という結果になりました。

もちろん企画に関係なくフォローしていただいた方もいれば、この期間にフォロー解除された方もいるはずなので正確な値ではないですが、この期間は特に企画以外の活動はしていなかったのでまぁまぁ信頼できる結果だと思います。

この結果をどう受け止めるか

約1週間でフォロワー数+155」という結果は企画の成功と言えるのかについて考えていきます。

これが成功であれば、このような感謝企画はフォロワー数を増やすために効果的な施策だからやるべきという結論になるのですが、残念ながら大失敗でした。

理由はフォロワー数の推移です。

こちらの画像の赤枠部分が今回の企画を実施した期間のフォロワー数の推移を表しているのですが、企画を実施していない期間と比べても伸び率にほとんど変化はありません

ろっきー

オワタ…

一方で、企画に参加いただいたお礼として実施した①記事紹介②記事添削③被リンク付与にはかなりの時間がかかっています

もちろん新しいブロガーさんとの繋がりやフォロワーさんへの恩返しも兼ねているので、やる意味がまったくなかったわけではないですが、純粋なビジネスとして捉えた場合この企画は大失敗と言えるでしょう。

成果を追求したいのであれば、企画に割く時間をブログの記事作成に充てた方が効果的だったなぁと思いました。

今企画をやりたいと考えている人は、「時間と労力をかけてまでやる意味があるのか?」を自問自答してみてください!

企画をやること自体を否定したいわけではないです。
フォロワー増加の効果は低いということを理解した上で、企画が好きだからやりたいのであればやっていいと思います!

企画をやってよかったこと

今までマイナスなことばかり記載してきましたが、ここでは企画をやってよかった点をご紹介していきます!

先述したデメリットよりもこれからご説明するメリットの方が自分にとっては大きいと感じる方は、企画を開催してもいいかもしれません。

色んなブログを半強制的に読むことで学びを得られる

色んなブログを見てインプットすることは大切ですが、自分でやろうと思うとどうしてもTwitterで仲良い人や好みのブログにインプット対象が偏ってしまいます

一方で企画を開催すると、正直あまり興味のないジャンルのブログだったとしても半強制的に読むことになります。

「こんなジャンルもあるのか〜」
「このターゲットの絞り方、自分のブログにも活かせそう」

などの意外な発見があったので面白かったです。

逆に、

「この書き方だと離脱されるだろうな」
「ブログのコンセプトがわかりにくいなぁ」

など反面教師的な気づきも得られます。

企画を通してフォロワーさんと交流できる

参加していただいた方々とリプを通して交流できるのは嬉しいポイントです。

昔から仲良くしていただいていた方々との交流も楽しかったですし、企画を機に仲良くなれた人もいました

そういう意味ではやってよかったなぁと思います!

企画の反省点

次に企画をやってから気づいた反省点を赤裸々に共有します。

今回はあまり考えずに見切り発車で企画を開催したので、かなり反省点が多かったです。

企画の仕立てによっては回避できたこともあるので、今後企画をやる方はぜひ参考にしてみてください。

反省点①参加者が想定を上回った

有難いことに参加者が自分の想定をはるかに超えてしまいました。

それによって2つの誤算が生じました。

企画のリターンにかなりの時間がかかった

1つめの誤算は、企画のリターンにかなりの時間がかかってしまったことです。

参加いただいた方々には誠実に向き合いたかったので、参加者1人1人のブログに訪問して最低でも3記事は読ませていただきました。

それによって、本来ならブログに投下できた時間をすべて企画のリターンに回すことになったのです。

ろっきー

1週間でおそらく10時間以上時間を割きました

1人1人への恩返しが小さくなってしまった

2つめの誤算は、1人1人への恩返しが小さくなってしまったことです。

今までお世話になった方々への「感謝」企画のはずなのに、スペースの都合上1人あたり1〜2文での紹介しかできませんでした…。

これは企画の趣旨そのものが破綻してしまう誤算だったので一番の反省点です。

ろっきー

これが一番悲しかった。
特に仲良い人を紹介する時はもっと熱く語りたかったです!

【対策法】今後企画をやりたい人へ

今後企画をやりたい場合は、参加人数に制限を設けることをおすすめします。

フォロワー増加にはそこまで効果がないので、人数制限をしてもしなくても大差はありません。

少ない人数に対してたっぷり時間をかけてお返しをした方が、お互いにとっていい企画になるはずです。

僕の企画では参加者の8割が当日中に参加表明してくださったので、応募期間を短くする方法はあまり効果的ではありません。

反省点②リプでの募集だと管理が大変

リプで参加者を募ると、参加者の管理がとても大変でした。

  • 3つの企画のうちどれを希望しているのか
  • ブログや記事のURLはどれか
  • 応募条件のフォロー&RTを満たしているか

これらをリプをさかのぼりながら抜け漏れなくチェックしていくのはかなり大変でした…。

僕は下図のようにスプレッドシートにまとめて管理したのですが、転記作業はまぁまぁ地獄です。笑

中には希望番号やURLを記載していない方もいらっしゃったので、確認する時間も追加でかかっていました。

ろっきー

抜け漏れてしまった方がもしいたら本当にごめんなさい…!
連絡いただけたらすぐさま対応します!

【対策法】今後企画をやりたい人へ

今後企画をやりたい場合は、Googleフォームを活用することをおすすめします。

項目に沿って必要事項を入力していくだけなので応募者も楽ですし、
何より解答結果がスプレッドシートに自動で集計されるのが最高です。

紹介希望の記事URLを記入する欄や、RT・フォローしたかを確認するチェックボックスを設定すればより便利になります。

Googleフォームは無料で利用できるので、ぜひ検討してみてください!

反省点③募集するジャンルを限定しなかった

今回の企画では、募集するブログのジャンルを特に指定しませんでした。

そうすることで多くの方々に参加いただき交流の輪が広まったのは嬉しいことですが、僕のTwitterやブログを見てくれている人にとっては有益じゃなかったかもしれないなぁと反省しました。

フォロワーや読者の方々が興味あるブログでなければ、紹介してもクリックしてもらえる訳がありません。

つまり、

参加者:ターゲットじゃない人にリーチされるため、効果がない

閲覧者:興味がない情報がTLに溢れる

企画者:効果のないリターンに時間を取られる

というWin-Winどころか、Lose-Lose-Loseな構図になってしまします。

【対策法】今後企画をやりたい人へ

既にやられている方も多いですが、自分の発信内容に合った企画を実施することをおすすめします。

最近見た企画で、まさに三方良しだなぁと思った事例を2つ共有するので、ぜひ参考にしてみてください!

お洒落に過ごすためのヒントやアイデアを発信しているコウさん(@oshastablog)がお洒落なブログを紹介するのは、フォロワーさんにとっても有益ですよね!

結果的に参加者のみなさんのブログへの流入も増えるので、まさにWin-Win-Winです。

こちらは同棲ブログを運営されているぴよ吉さん(@piyokichidy)が同棲/夫婦ブロガーさんを対象に開催した企画です。

こちらも同様にWin-Win-Winな企画になっていますよね!

感謝企画の開催是非に関する結論

最後に感謝企画の開催是非に関する個人的な結論をご紹介します。

僕の感謝企画に対する現在の考えはこちらです。

  1. フォロワーを増やしたいなら、もっと効率的・効果的な方法がある
  2. 「感謝」を伝えたいなら企画にする必要はない
  3. よって感謝企画は不要

簡単に補足説明していきます。

フォロワーを増やしたいなら、もっと効率的/効果的な方法がある

正直感謝企画のツイートがRTで流れてきたとしても、「お、フォローしよー!」とはなりにくいです。

それよりも愚直に有益な情報を発信し続けた方が効果的だと思います。

「感謝」を伝えたいなら企画にする必要はない

日頃仲良くしてくださっているフォロワーさんに感謝を伝えたいなら、企画にせずにgiveする方がずっと気持ちが伝わります。

感謝企画のリターンとして紹介されてももちろん嬉しいですが、不意に紹介される方が何倍も嬉しいですよね!

なほちゃん

なんでもない平日にプレゼントをもらったら嬉しいのと同じだね!笑

なのでフォロワーさんに感謝を伝えることが目的なら、わざわざ企画を開催する必要はありません。

どんどんgiveしていきましょう!

ろっきー

僕は今後企画は開催せずに、このスタンスでいくことにします!

結論:感謝企画は不要

上記の理由から、感謝企画は不要だと判断しました。

あくまでも個人的な意見ですので、感謝企画を開催する方を否定する気は一切ありません!

もちろん仕立てを工夫することでより良い企画が実現できる可能性はあるので、もし企画を開催したい人はこの記事を参考に改善してみてください!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今後企画を開催しようと考えている方々にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!

少しでも多くの人に届けたい内容なので、記事を読んで参考になると思っていただけたらこの記事の紹介ツイートをRTいただけると嬉しいです。

ろきなほ

ご協力をお願いします!!

もしご質問やご意見がある場合はTwitterでご連絡ください!

Twitterを見る

ではまた!

【完全解説】マリオットアメックスカードについて|旅行好き家族にとって最高のクレジットカードこの記事では「SPGアメックスカード」の後継カードとしてリリースされた「マリオットアメックスカード」の魅力についてご紹介していきます。 旅行が好きな人は必携です!...
【同棲カップルが選ぶ】2人暮らし向けふるさと納税返礼品おすすめ7選 今回のテーマ 2人暮らしにおすすめのふるさと納税の返礼品は? ということで今回は、同棲カップルや新婚夫婦など、2人暮ら...